teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


岡嶋先生へ

 投稿者:(元)風邪ひき中  投稿日:2014年 1月13日(月)23時36分0秒
  昨年9月に、マインドフルネスについて書き込んだ(元)風邪ひき中です。
その節は岡嶋先生にレスをいただき本当にありがとうございました。

その後マインドフルネスを細々と続けていますが、練習時間が少ないせいか、あまり上達していません。和楽会のマインドフルネスセンターでオープンクラスがあるのを知り、今度参加させていただこうかなあと思っているところです。

マインドフルネスとは別に、行動療法の実践を考えています。
名古屋の集団治療に参加するのが一番なのでしょうが、そこまで徹底してやる覚悟がつかず躊躇しています。

岡嶋先生は横浜クリニックでも勤務されているようですが、個人カウンセリングの形で、行動療法を指導していただくことは可能なのでしょうか(関東在住です)。もし可能だったとしても、私は自宅が聖域タイプの不潔恐怖なもので、通院のみで自力でやるのは無理があるでしょうか?

また、行動療法の実践に対して覚悟が決まっていない段階で受診するのは無駄でしょうか。
自分の中に、行動療法に取り組んでまで今の生活(仕事)を続けたくない、すべて放り出して楽になりたいという本音があり、強迫の治療に対し相反する気持ちがいつもあります。

また岡嶋先生に対するご質問になってしまい恐縮です。お答えいただければ幸いです。
 
 

メールの返信

 投稿者:岡嶋  投稿日:2014年 1月 2日(木)14時33分34秒
  暮れから何通か,熊本の方からメールが届きます。
しかし,何度返しても着信拒否です。
3日くらい待っても返事がないときは,ご自身の携帯電話をショップに持って行ってご相談ください。送信したメールアドレスは受信できるように,とお願いします。
 

子ども

 投稿者:キラキラ  投稿日:2013年12月25日(水)22時31分44秒
  私は子どもが大好きです。大人の中にいると窮屈ですが子どもの前では本当の自分が出せるからです。私ってまだまだ子どもだなぁ・・・。大人の前でももっともっと自分を出せるようになりたいなぁ。

私は小さい頃から大人の顔色ばかりをうかがって生きてきました。今になってもっと自由に子ども時代を楽しんでいたら良かったなぁと思います。なのでいつか強迫の子どもの支援がしたいなぁと思っています。

先日、子どもの支援を考えていらっしゃる方々と、ある保育園のビデオを見て感想を出し合う機会がありました。

この保育園は『大人がスケジュールを決めるのではなく、1人ひとりの子ども自身が本当にやりたいと願い、そのことをやり遂げるためにはどうすればいいかを自分の頭で真剣に考える。どんなときでも子どもが主役!!』がモットーでした。ぶつかり合いながらもまっすぐに生き自分づくりをしている子ども達。

他の受講生の方々は「3週間も周りが見守ったなんてすごい!!」と何人もおっしゃっていました。強迫の子どもの見守りではなかったですが私は『えっ!!たった3週間なのに?』と思ってしまいました。強迫の親御さんたちの見守りってとてつもなくすごい事ですね。そしてたった3週間でどうすれば良いか気づいた子どもも本当にすごいなぁと思いました。

私は支援する立場としてではなく本人の立場としてある女の子に教わる事が多かったです。お友達と一緒に遊びたいけどいつも本などを読んでひとりで遊んでいる女の子でした。自分から変わろうって小さい身体で頑張ってお友達に自分の気持ちをぶつけるようになりどんどん変わっていきました。その姿にたくさんの勇気をもらいました。

このビデオに登場する子ども達はもちろん大人の方々も行動療法についてご存知の方は少ないと思います。自ら変わりたいと思っている子ども。見守る大人。やり方を教える支援者。行動療法って『自分らしくイキイキ生きる生き方』そのものなのだなぁと思いました。
 

メルマガ配信

 投稿者:OCDの会事務局  投稿日:2013年12月13日(金)15時43分1秒
  メルマガ最新版6号を本日配信しました。
以下に該当される場合は会へご連絡ください。

1.会員登録のアドレス変更された方
2.変更していないのに届いていない方
3.郵送希望だったけれど,無料配信で希望し直す方
4.新たに配信希望で会員登録をお考えの方

郵送希望の方は,18日ごろにお届け予定です。

お問い合わせは,
メール ocd2004@gmail.com
電話 090-1342-7808
 

研修会ではお世話になりました

 投稿者:すいか  投稿日:2013年11月 7日(木)00時43分39秒
  先日、熊本で開催されました市民フォーラムと行動療法研修会に静岡から参加させていただきました。
いろいろ勉強になり、遠くまで行った甲斐がありました。

私の場合、マインドフルネストレーニングについて理解を深めることができたのが、今回の大きな実りだったと思います。
午前中の橋本先生と原井先生の講座の中では、窓の外を眺めながら外にある物の色や形、特徴などをよく観察しながらいろいろなことに気づいていくこと等を実践しました。
午後の岡嶋先生の講座は専門家向けでしたが、私にも分かりやすく生活の中で使える技を勉強させていただきました。
「今、ここ」を感じられるようになることが、強迫観念にとらわれないために大切だということを改めて感じました。

過去の研修会や先生方の治療の中でもマインドフルネストレーニングについて教えていただいてましたが、私がよく理解できていませんでした。
そのため、日常生活の中でなかなか活用できませんでしたが、これからはERPと合わせてマインドフルネストレーニングも実践していけそうです。

それから今回初めてお会いできた方や久しぶりの方が多く、熊本の会の皆さんと交流できたことが嬉しかったです^^
お話ししてくださった方、ありがとうございました。

また、滞在中はせっかくなので熊本名物を味わいました。
熊本ラーメン、辛子蓮根、馬刺し、タイピーエン、どれも美味しかったですよ☆
ホテルの予約が取れませんでしたのでゲストハウスに泊まりましたが、ここもアットホームかつ機能的でとても快適に過ごせました。

今度は熊本の月例会にも参加してみたいです。なかなか気軽には行けませんが・・・
また、どこかで皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
 

コミュニケーション

 投稿者:キラキラ  投稿日:2013年10月28日(月)14時29分42秒
  26日の市民フォーラム。10回の記念の年に挨拶をさせて頂きありがとうございました。名古屋の会からはキンキラの刺繍☆が入った電報。東京の会からは可愛らしい♪ピンクのお花。会場前の道路の国旗での歓迎ムードのようでした(*^_^*)

27日の研修会。強迫人生で長い間自分だけのイメージの世界で生きてきた私は最近人って色んな考えをもっているのだなぁ。『私だけのイメージではなく今を生きる』という事をよく感じるのですがそれを改めて実感できた研修会でした。

本人の講座でのイメージエクスポージャー。『私は犯罪者。私は犯罪者。・・・・・・。』その言葉だけを聴けば聴くほど涙が溢れ・・・。でも最後に『私は犯罪者じゃない!!』と観念だった事に気づかれて。あっ!!そうだった!!これは治療のテープだ!!ついついその『犯罪者』の言葉ばかりにとらわれている自分に気づきました。
クラシックを聴く治療。中学生の頃の音楽の授業でクラシック音楽を聴いて感想を書く課題がありクラスで私一人だけ紙いっぱいに物語を書いてしまい(笑)先生に驚かれた事を思い出しました。これから音楽を聴くときは作詞作曲家のイメージだけではなく音色なども楽しみたいなぁと思いました。
そして家族の講座。私は本人の気持ちばかりを考えてしまっていました(笑)そしてその本人の気持ちも私の勝手なイメージだったのだと原井先生の質問に答えてみて気づきました。

私は人が『今何を考えどんな気持ちなんだろう?』という事ばかりにとらわれていたようです。そしてそこで浮かんでくる考えはどうも私だけの勝手なイメージだったようです。「~ということ?」と聞き返してみて初めて相手の気持ちに気づく事もあるんだなぁと思いました。
人とのコミュニケーションで今までは『何を考えどんな気持ちなんだろう?』と思い勝手なイメージで何もしゃべれなくなってしまっていましたがこれからは『~ということ?』と聞き返してみようと思います。そして私に質問された時も今までは自分の気持ちを知られたくないとすぐに『はい。いいえ。』『ありがとう。すみません。』だけ答える事が多かったのですがこれからはゆっくりと今を感じ気持ちを伝えてみようと思います。
 

第10回市民フォーラム

 投稿者:原井  投稿日:2013年10月28日(月)01時57分22秒
  第10回市民フォーラム,第9回行動療法研修会が無事終わりました。
久しぶりの方にもお会いして,懐かしい気持ちで講演,ワークショップ講師をさせて頂きました。
支えていただいた方に感謝しています。
 

つぶやき

 投稿者:キラキラ  投稿日:2013年10月11日(金)10時14分54秒
  この世は自分の都合のいいように嘘をつく人ばかり。こんな事ばかり続くとなんだかがっかり・・・。今まで人を信用しすぎたのかなぁ?世の中ってこんなものなのかなぁ・・・。  

岡嶋先生ありがとうございます

 投稿者:風邪引き中  投稿日:2013年 9月25日(水)00時46分31秒
  岡嶋先生、お忙しい中ご丁寧なお答えをいただき、大変ありがとうございます。お礼が遅くなり失礼しました。
ここ2週間ほど風邪が良くならず、ふらふらの状態で仕事に行き、強迫行為はますます悪化、毎日もう限界だと思いつつ過ごしていました。(この三連休で体調戻りました。)

行動療法について、エクスポージャーの恐ろしさのイメージばかりが大きく、詳しいことを何も知らないことに気付きました。自分にはとてもできないと思っていましたが、指導を受けることを含め、真剣に検討してみようかなと思います。

マインドフルネスは、今、自宅で試してみているのですが、とても難しいです。

自分の特性なのか、強迫の人の傾向なのか分かりませんが、私はとにかく思考が多いです。思考中毒といってもいいくらいです。思考から距離を置くのは、本当に難しいです。

ですが、マインドフルネスの訓練は、私にとって良い影響がある気がするので、しばらく続けてみるつもりです。
 

10月の研修会情報

 投稿者:岡嶋  投稿日:2013年 9月15日(日)08時21分28秒
  強迫性障害の治療をどうやったらうまくいくか,そのためのカウンセリングはどんなやり方が役立つか,などなど,私の入り口はいつもそこからでした。
パニック障害やうつ病の治療の話を聞いても,○〇セラピーや〇〇療法の研修会に行っても,強迫性障害に使うとどうなるかとそんなことばかり考えてしまいます。

マインドフルネスがうつ病に効くわけではなく,うつに陥った人によくある特徴を緩和させるのに使える技法ということです。そして,繰り返すうつ病,長患いのパニック障害などには,ほとんどの場合,こだわりの強さ,すなわち強迫性が見受けられます。ということは,強迫の治し方を治療者も患者さん自身も身につければ,症状を増強させる思考も儀式妨害のごとく止められるのではないかと考え利用しています。しかし,その思考というところを強迫観念だと勘違いしているとうまくいかないのですが,そのあたりのところを研修会で体験していただこうと考えています。治療者も体験が必要だと思っています。

ちなみに,行動療法はエクスポージャー療法だけではありません。”学習”の理論にのっとった技法を組み合わせて用いながら,クライエントの変わりたい思いを援助するアプローチです。行動療法が僕にはできないと悩む必要はなく,僕にできるような課題を出さない治療者が悪いんだってことになります。

今日これからの人生を変えて行くだけで,過去は変えられません。過去にさかのぼって借金の返済のごとく,恐怖体験を押し付けられることはありません。それこそ,マインドフルネスで,過去や未来と切り離す練習をすれば楽になると思います。
 

マインドフルネスについて

 投稿者:風邪引き中  投稿日:2013年 9月 9日(月)23時17分35秒
  こんばんは、はじめて投稿します。
10代からOCD歴25年になります。

長年OCDに振り回されてきて、結局治すためには、問答無用で強迫行為をやめるしかないんだなあと分かるようになりました。
苦しい中で、仕事も家庭も頑張って維持して暮らしてきましたが、強迫行為を続けている限り、その努力が身にならないことも実感するようになりました。

でも、やはり強迫行為をやめるのは怖いのです。
25年分の苦痛を一気に味わうことになるのでは、と恐怖です。

これはただの現実逃避かもしれないとは思いつつ、行動療法の前段階として、マインドフルネス療法を検討しています。マインドフルネス的手法で、強迫観念が改善すれば、行動療法にも取り組みやすくなるのではないかと考えているのですが、岡嶋先生はいかが思われますか?岡嶋先生も、マインドフルネス的手法を少し取り入れてらっしゃるようにおみうけしたので、ずうずうしいのを承知で書き込んでいます。

ただ、マインドフルネス療法は、やはりうつ病の方がメインの対象のように感じます。マインドフルネスで強迫が良くなった方は、ネット上では見当たらないような・・・・アメリカ等でも強迫の方はあまり利用されてないのでしょうか。その辺のエビデンスの情報をご存じでしたら教えていただけると幸いです。

内容が不適切・失礼なものでしたらお許しください。
 

情報漏えい

 投稿者:岡嶋  投稿日:2013年 9月 1日(日)18時36分7秒
  インターネットに名前を書いてしまうとか,この書き込みについ余計な個人情報まで書いてしまうなどと気になると,何度もここに「間違ったことが書かれていないか」というないもの探しをしてしまいます。ないものを探そうというわけですから,時間が無限に必要です。もしかしたらあるかもしれないという,見落としたりしたかもとか,あれこれ疑念はわくばかりです。

あるものを探しましょう。一回,落として拾ってみましょう。落としたものを拾うことができるとき,いろいろな感覚に目を向けていきましょう。五感を感じる練習をそこで入れていきます。
 

岡島さんへ質問です

 投稿者:せい  投稿日:2013年 8月 1日(木)01時30分54秒
  はじめまして強迫せい障害をわずらっているものです。みえない儀式行為についてですがいままで見える行為強迫行為に注意がいっていてこの掲示板をみて初めてみえない儀式行為をしているのではnとおもいました。内容は強迫観念がくでると頭のなかで色々がえ自分で推測して大丈夫と自然としているかんじでこういうことは見えない儀式行為なんでしょうか。後最悪のストーリーをかんがえると恐怖や不安がありますがその気持ちになれたり共存するこいくとが大切なんでしょうか?自分は特に個人情報についてかなりきにします。情報がもれているんではないか?と不安になります。このことも掲示板をみてやってみたんですが逆に情報はもれているとか漏れ漏れとかこういう考えはよいのでしょうか?お答えよろしくおねがいします。


 

変化と継続

 投稿者:キラキラ  投稿日:2013年 4月21日(日)20時16分5秒
  原井先生と橋本先生にご参加頂き、今までと会場を変えて、初めての参加者の方々もたくさんいらっしゃった昨日の月例会。

「おおっ!!今までと雰囲気が違う・・・。」と途中から参加したこともあって戸惑ってしまいました。

新しい挑戦や、変化する事は戸惑う事もたくさんあるけど新鮮な気持ちになれて良いもんだなぁと思いました。

そんな変化を重ねながらどんどん大きくなっていくOCDの会。この会に参加される方々はそれぞれがどうにかしたいという『勇気』また10年の間月例会を続けて下さった方々の『勇気』

『変わる事』も『続ける事』もどちらも成長し大きくなるために必要な事なんだなぁと改めて感じた月例会でした。
 

本音

 投稿者:キラキラ  投稿日:2013年 3月22日(金)00時46分46秒
  先日の月例会で病歴が長くても治療すれば良くなるという話題が出ましたがその通りだと思います。でも病歴が長くて普通の社会から遠ざかっている期間が長ければ普通の社会を知る事も大変です。10年20年と病気にとらわれている間に社会はどんどん変わっていました。

私の場合強迫行為はしなければいけないものだと思い必死に生きてきたし普通の人が経験出来ない事も経験出来たので今までの人生後悔はしていません。でも早くに病気に気づき不安の対処の仕方を知ることが出来た人が時々無性に羨ましくなってしまいます。
 

病院の診断について

 投稿者:ひるまっち  投稿日:2013年 3月13日(水)12時57分30秒
  私が以前、少し通っていたクリニックで、B病院の強迫性障害の診断が書かれた診断書を持って行ったのですが、強迫性障害ではなく統合失調症の一部の症状だと言われ、確実に病名が分かるのは2ヶ月かかかると言われました。私の症状が洗浄以外なので疑われたのかもしれないですが、あまり話しも聞いてくれず、2週間や1ヶ月、薬を出すだけな感じでした。診断にそこまで時間がかかるものなのでしょうか?  

儀式妨害を頑張る

 投稿者:岡嶋  投稿日:2013年 3月11日(月)19時10分27秒
  幽霊を捕まえる・・のような感じ。
基本的には儀式の簡略化を目指してください。~~しないことを頑張る・・は,行動ではないから。徹底行動主義の行動療法を教えています。

また頑張ると力が入ってしまいます。無意識にできることを増やすというのは,最初は意識的にすることを何度も繰り返しているうちに無意識が生まれるわけですから,結果です。気にせずやるなんて難しいことはせず,笑い飛ばしたり,苦しいことを楽しそうな声で言うとそれだけで,緊迫感が減ります。だんだんできることが増えていきます!
 

目に見えない儀式

 投稿者:にし  投稿日:2013年 3月10日(日)21時16分45秒
  調子よく唱えるというのはからかうようするということでしょうか?不安になってくるように重く考えるより「あ~わからない。もう一生わからない。ずっとモヤモヤ~気が狂う」というのを軽くふざけたように思った方がよいのでしょうか?

儀式妨害を頑張ってますが、まだ目に見えない儀式をやめられずなかなか不安を受け入れることができません。
 

岡嶋さんへ

 投稿者:あきら  投稿日:2013年 3月 8日(金)21時00分41秒
  「見えない儀式」を行わない。
正しいと思います。
しかし、そこまでわかっていてなぜ行動療法なのでしょう?
不思議です。

メールswp.ichimi@gmail.com
 

質問に答えます

 投稿者:岡嶋  投稿日:2013年 3月 8日(金)19時37分57秒
  目に見えない儀式についてのご質問をいただきました。
「目に見える儀式を我慢することで、『目に見えない儀式の小さな種に芽をだす準備になってしまっている事に注意する』の解釈、つまり、そのバランスがわかりません。」
ということでした。
しかし,私にはこの質問の意味がわかりませんので改めて解説します。私が見える儀式/見えない儀式で言いたかったことは,下記の通りです。

手を洗う/確認に戻る/人に尋ねる/祈るなど,何をしているのかがはっきりと他人からもわかるような儀式が目に見える儀式です。これよりも,症状を悪化させるのが目に見えない儀式です。目に見えない儀式は強力です。なぜなら即時強化できるからです。どんなに小さくても,ご褒美としては強力です。確認を我慢したり,写メに撮るのを我慢したりしても,頭の中で,「ちゃんと見たから大丈夫」「情報は洩れてない」などと考えて安心させようとすることで,折角見える儀式を妨害したことの頑張りを無駄にします。元に戻ってしまうのは,頭の中の儀式を止めないからです。しかし,止めることは容易ではないので,逆の意味の言葉で妨害を試みてください。たとえば,もう,情報はもれもれ,ダダもれ,もーれもれとか,調子よく唱えてみるなどです。
 

レンタル掲示板
/58