teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


バイトはじめました。

 投稿者:くろねこ  投稿日:2011年 9月 2日(金)16時40分57秒
  以前書き込みをしたくろねこです。
あれから、バイトを始めました。
一週間経ちました。
約1年ぶりのバイトです。
今でも、恐いことは頭に浮かびますが、浮かびながらも時間通りに出勤して働いて、日常生活を送れています。

一昨日、なんだか急に泣き出してしまい、まだ情緒不安定だな、と感じました。
でも、お金のこととか、人間関係、そんな現実的なことで悩んだり、考えたりしていることに気づき、少し嬉しくも感じました。

浮かぶのは仕方ないと思っても、やっぱり強迫観念が浮かぶと恐いし、どうしようと思うけど、それでもそれを受け入れながら、これからも少しずつもっと受け流せるようになれればと思いました。

 
 

表情、鏡の確認。

 投稿者:kokoro  投稿日:2011年 8月29日(月)16時15分44秒
  こんにちは。
大分以前に書き込みをさせて頂いたココロです。

私は異常なほど笑顔に執着する強迫観念から逆に顔がこわばってしまい
人前で無表情、または怯えた感じになります。
そのため鏡で自分の表情を確認するのです。
一日中だって過ごしてしまいそうな程です。
気がつけば数時間過ぎ去ってしまうこともしばしばです。

強迫は治らないのでしょうか?
対人恐怖も加わり働けずにパートナーに養ってもらっています。
(以前は働いていました。)
 

re:月に叢雲花に風

 投稿者:原井メール  投稿日:2011年 8月21日(日)08時19分4秒
  言葉遊びと絶妙な喩え。
めざせ芥川賞。
最近,安部公房をまた読み出してます。
ところで,事実に基づいているのですよね?
 

月に叢雲花に風

 投稿者:瞬火メール  投稿日:2011年 8月19日(金)03時46分46秒
  拾った女は二十四才。小学校の先生だとささめいた。女教師、その甘美な響きに抗える男、そんな奴はいない。月明かりが、自称Eカップの胸を妖しく照らし出す。箴言を繙けば、さしずめ僕は屠り場に向かう雄牛。もう辛抱たまらん。先人の説教なんて犬に食わせろ。聖書の戒めなんざ、糞喰らえだ。フルボキサミンは男の機能を殺ぐ割に、今夜ばかりはフルボッキサミンかよ。笑いを、噛み殺す。行き先を伝えると、俯きがちに、こくんと頷いた。
いざ行かん、茂みをかき分け秘密の花園!
あいや待たれい。ええい止めるな、止めてくれるなおっ母さん。たとえそれが陰府への道であろうとも、死ぬ時は死ぬがよろしく候。ふふっ、初い奴よと、俺はどこぞの助平な殿様よろしく候。気に掛かるのは、デプロメールのよろめく早漏。ハンドルを操りながら、ふたりの行く先はひとつとばかり、心は小林幸子&美樹克彦の“もしかしてパート2”を奏でるのであった。
ひとしきり睦み合い、帰りしな、彼女はシーツの乱れに目もくれない。整えたい欲求に気もそぞろ、平静を繕いそこを後にするも、車に乗り込んだ彼女は言った。ねえ、何でもたもたしていたの?
見られていた。忘れ物はないか、何度も辺りを確かめていたところを。恋は手さぐり手はまさぐり。こちらの動揺に怪訝な表情を浮かべ、おもむろに、煙草を取り出した。そこにはもう、貞淑な女教師の面影は無い。けたけたと事後の感想に花を咲かせつつ、ダッシュボードにどかっと両脚を乗せた。靴を履いたまま…。「アタシのこんな姿ってさあ、生徒たちには絶対見せられないよねー♪」
女って、どうして終わった後は饒舌になるのだろう。そして男は何故に、沈黙の門番と化すのだろう。心は千々に乱れ飛ぶ。女の残り香とダッシュボードに付いた泥。弓張り月も、朧に揺れる。一夜限りの刹那とて、とまれかくまれ幸あれかしと手を振った。

「テニス部の顧問が暇になったら遊ばない?」

たかだか五、六分の宇宙が、また僕を誘う。ああいいさ。でも、でも、今度会ったら言ってやる。

服を脱ぐなら、靴も脱げ。
 

re:まだ迷っています

 投稿者:原井メール  投稿日:2011年 8月 8日(月)08時27分1秒
  >自分の周りに膜がはったような、ベールに包まれたみたいな、嫌な感覚になります。
>これが嫌で、これにならないように避けていたんだと、この感覚に改めて、というか今更気づきました。

進歩です。このベール感覚がどういう数字の時,どういう「これじゃだめだ」ときに沸くか,強くなるか,観察してご覧なさい。

>まだ治らず強迫に負けたりしている自分が情けないです。
強迫に勝とうとしてはいけません。強迫をからかうようにしてごらんなさい。

>数やら偶数奇数にとらわれたり、何がだめなのか自分でもよくわからないけど、
強迫は何にこだわるのか,3の倍数は?素数は?ぞろ目は?と強迫を試してみるのです。

>一昨日はできませんでした。
他の日はできていたのですね。
セルフモニタリングを書いて,できた日とできなかった日を後から比べられるようにしてごらんなさい。

掲示板に書き込みおめでとう。
 

また迷っています

 投稿者:くろねこ  投稿日:2011年 8月 7日(日)13時43分6秒
  こんばんは。
今、強迫観念を打ち消したい、身体の嫌な感覚を取り払いたい、そのために強迫行為をしたい、それを我慢しているところです。

強迫観念にとらわれると、強迫行為をしなければ、今しなきゃまた恐くなる、また苦しくなる、そう思ってしまいます。

調子がいいときは、気になっても「やったら悪化する、気になるまんま、気になるまんま」嫌だけどその場を離れます。
そうすると気にならなくなります。
それが少しずつですが、できるようになりました。

だけど、一昨日はできませんでした。
私は数の強迫があるので、数やら偶数奇数にとらわれたり、何がだめなのか自分でもよくわからないけど、ただ道を歩いていたりするだけでも、ここを通ったらだめ、これじゃだめだ、と頭に湧くんです。
その嫌な感覚のままでいると、自分の周りに膜がはったような、ベールに包まれたみたいな、嫌な感覚になります。
これが嫌で、これにならないように避けていたんだと、この感覚に改めて、というか今更気づきました。

今も膜がはったような嫌な感覚です。
今すぐに取り除いてスッキリしたいです。強迫行為でもなんでもやってスッキリするならやってしまおうか、という衝動に負けそうになる自分がいます。

でも、やったら悪化する、いつまでたっても治らない、またなった時に、やらなきゃいられなくなる、そう思って我慢してます。
昨日は一日堪えました。夜は少し楽でした。でも今また猛烈に強迫観念が襲ってきています。

病院で行動療法を始めてから9ヶ月経つのに、まだ治らず強迫に負けたりしている自分が情けないです。

強迫行為をしなければいいだけのことかもしれないんですが、苦しいです。
今を乗り越えなきゃ、という想いもあるのに、苦しいです。
 

re:人生の価値

 投稿者:原井メール  投稿日:2011年 8月 5日(金)07時53分45秒
  自分が今まで何をしてきたか,何を避けてきたか,振り返ってみたということですね。そして,避けてきたことで自由を失っていた,と気づかれています。

避けることを続けていると,避ける対象が拡がってしまいます。連想ゲームのように。もともと避けていた相手が,来世に旅立っても,拡がってしまった対象はそのままです。

普段の生活では,自分に寿命があると感じることはありません。
生が永遠に続くと思っていると,自分の行動を変えることは,後回し,いつかお日柄が宜しい頃に,と考えることが普通です。自分を変える苦労よりも,現状維持の楽チンさ,を選んでしまいます。

今は,これから先,自由を回復したいと願っておられます。エクスポージャーをきちんとやるのは苦労ですが,するだけの価値はあります。
 

人生の価値

 投稿者:みさメール  投稿日:2011年 7月27日(水)13時15分23秒
  もう今の現状をどうにかしたい。今の生活はうんざり。という思いが抑えきれなくなってきて掲示板に投稿してしまいました。
「姑に対する感情が、特に汚いという思いに拍車をかけているのかもしれません。」ときれいごとを書きましたが、「確実に拍車をかけている。」に訂正します。すみませんでした。
主人の姉も弟も近寄りません。長男である主人が姑の面倒を立場上みているのです。昔から家の事は亡くなった舅がしていたので(洗濯からゴミ出し、掃除(もちろんトイレも)、近所付き合いから、何もかもです。すごくまめな人で私は気が合って舅のことは今でも良い思い出として残っています。でもその舅も生前はよく姑に関しては小さな声で愚痴を言っていました。姑の方が圧倒的に強かったのです。自己中で自由奔放で、やりたい放題。男女逆転の夫婦でしたね。
なので舅が亡くなってから、私たちにその負担がかかってきたというわけです。世の中にはいろんな人がいますが、もちろん姑のような主婦をしてきていない母も、妻もいるわけで、でもいろんな人間がいると頭では分かっていても感情面で受け入れられない。その感情が私の強迫にも確実に影響を与えているのです。人間の心って複雑ですね。
話が題名と逸れてしまいましたが、私自身、人生折り返し地点を過ぎ、自分の残りの人生を考えるようになりました。一度きりの大切な自分自身の人生。こうして強迫行為をしていても月日は確実に流れて、大切な日々は過ぎ去っていくのです。人生最後の時に、強迫にとらわれていた日々を時間を後悔するのだけは絶対に嫌です。自分なりに心穏やかに平凡にごくごく普通に生きていきたいという思いが日々強まります。その為にはこの強迫をどうにかしなければならない。心身共に強迫と折り合いがつくとこまで、ある程度汚染を受け入れ、完璧には出来ないという諦めの気持ちを持つ。強迫の為にやりたい事を我慢しない。そのためにはどうしたらよいか。
結論はやはり一つ、行動療法しかない。汚染を受け入れていく、出来るところから、というところに行きつく。勇気と覚悟を持って。
 

治療のゴール

 投稿者:岡嶋メール  投稿日:2011年 7月20日(水)00時28分46秒
  年齢を重ねていくと,美容整形なるものをしてみたいような,イヤイヤ,それはリスクはゼロではないし,やり出したらキリがないんじゃないか・・・などと考えると二の足を踏む。
時間とお金と欲求があれば,どこまで理想の形を追求するかのゴールは果てしなく遠い。韓国では年老いた母の若返りの美容整形をプレゼントするのが親孝行の印として定着しているらしい。
そういう話ではなく,本人が困っていなければ現状維持だろうし,理想が高ければどんどん要求が高まり整形を繰り返すことになる。精神科の治療も似たような側面がある。
平均的な顔,これくらいが普通でしょという言葉には説得力がない。そんな言葉で納得いくなら病気にはなっていないはず。普通を目指すうちは普通にはなれない・・と治療の初日にその目標は打ち砕かれる。
どこまで美しくなれば,OKかは自分で決めるしかない。お金と暇と価値観とも相談して。。。

http://109ocdf.web.fc2.com/kennsyuukai.htm

 

便のよごれは?

 投稿者:みさメール  投稿日:2011年 7月15日(金)11時48分9秒
  何年ぶりかの書き込みです。
「とらわれからの自由 1 掲示板より」に出ていたみさです。
あれから何年も過ぎました。
正直、現在は辛い状況です。一時は、自分なりの行動療法でかなり普通の人並みに生活できるようになっていたのですが、(今でもその事がなければ、再び行動療法に取り組めるだろうと思っています。過去に出来たという事実、自分のこれからの人生、いろんなことを考えるとやるしかないかなと思っています。)
しかし、現在の最大の悩みが私を苦しみ続けています。それも毎日。
岡嶋先生とアラワンさんのやり取りを見て、男性がトイレで立って用を足すと、周りにまき散らす程度の汚れはどこの家庭にでもあり皆気にしていないという、その汚れは今の私は容認できます。少し気にはなりますが、私にとって強迫行為をする対象ではありません。流せます。
でも、隣に住む姑が、着がえない、風呂に入らない、トイレを使用すると便器の中でなく、ペーパーホルダーの上、水を流すレバー、便座の上、縁に便をつける。また、タオルが黄色くなっている。(便の汚れ?)(私が掃除をします。完全防備で)
これらを毎日のように見ていると、自分をその汚れから守るために、あらゆる考え得る全てで強迫行為をしてしまいます。姑に自分で自覚するように、気をつけるように言っても、聞き流しているだけです。昔から正直、衛生面では汚い人でしたが、年をとるとますますひどくなってきました。認知症ではありません。
主人と2人で注意してもダメです。
主人は「汚いとは思うが、目に見える範囲で処理するしかない。それ以上気にしてもしかたない。」といいます。
でも、私は姑の触る柱、戸、食器、その他、寝転がる畳、ソファー、全てに便が付いている気がして、それを隣であるわが家に持ち込まないために、毎日体がくたくたになるまで、除菌すべく、アルコール消毒をしてしまいます。
安否確認、掃除、世話の為、主人共々、出入りせざるを得ません。
認知症でもなく、体が悪いわけでもなく、ただゴロゴロしている姑、ものすごく買い物好きで、食品などは買い込むだけで腐らせる姑、いつも片付けるのは私達の仕事。
姑に対する感情が、特に汚いという思いに拍車をかけているのかもしれません。
実際、この世の中、あらゆる所に便の汚れって付いているのでしょうか?
それを普通の人達は、あまり気にとめずに暮らしているのでしょうか?
主人は私のしていることを見て、「アフリカや東南アジアを見てみろ。いちいち気にしていたら身がもたない」と言って、私の強迫行為には付き合ってくれません。自分まで私に巻き込まれるのは嫌だと言って、私の主人への強要はほとんど出来ず、隣から戻ってくる主人の後を除菌しまくる日々です。家を気軽に空けて外出も出来ません。自由にできない日々にストレスも溜まり、拭く行為の為、腕も肩も痛くてくたくたです。
みなさんは、これを読んでどう思いますか?
私はこのことを強迫ではない妹に話すと、妹も汚がって、自分が出来る限り私と同じことをするだろうと言いました。
こんな日々を送っている自分があわれで惨めです。自由になりたいです。
普通の人である妹にさえ、そう言われたので、どこまでが汚くて、どこまでが許せる範囲なのか、朝から晩までこのことを考え続けている毎日です。
 

分かる

 投稿者:くろねこ  投稿日:2011年 7月 9日(土)20時18分59秒
  原井先生、返信ありがとうございます。
まだまだわかっていないなぁ、と痛感しています。
自分では、治したい、と思っているのに、行動療法というものをまだ分かっていないのかなぁ、と改めて感じています。
 

分かる

 投稿者:原井メール  投稿日:2011年 7月 8日(金)19時14分55秒
  分かった分かったと言っていても,実際の行動に反映しなければ,何にもならないです。
逆にいえば,実際の行動に反映していれば,分かった,です。
 

いろいろ迷っています。

 投稿者:くろねこ  投稿日:2011年 7月 7日(木)13時45分49秒
  原井先生、返信ありがとうございます。
>やりたいことが増えたら,頭が普通かどうかが,普通になります。

難しいけど、なんとなく分かるような…分からないような感じです。

掲示板をチェックすることも、「やりたいこと」になるのですね。
「やりたいこと」をやって楽しく過ごすこと自体に罪悪感を感じたりする時があります。
昔、生きるにあたって、もっと苦しまなきゃいけないんじゃないか、とかそんな風に考えた時もありました。

それから、しつこいんですが、「分かり続けるには、行動の裏付けが必要」というのはどういう意味でしょうか?
「分かった感覚を強める」というのは、どのようにしたらいいのでしょうか?
 

迷い

 投稿者:原井メール  投稿日:2011年 7月 6日(水)23時10分55秒
  やりたいことがあるのは素晴らしいです。
実際にやるのはもっと素晴らしいです。

実際にやれば,掲示板に書いたら,
誰が返事してくれるか,いつになるか,掲示板をチェックすることがやりたいことになるからです。
やりたいことが増えたら,頭が普通かどうかが,普通になります。
 

迷っています。

 投稿者:くろねこ  投稿日:2011年 7月 5日(火)19時35分47秒
  初めて書き込みします。
でも、何を書けばいいのかわかりません。
皆さん、実際に自分がやってみた行動療法について、書かれているのに、私は行動療法らしいことは何をすればいいかわからないので、やれていないし、書き込めることが思い当たらないのです。

でも、掲示板に書き込みをすることを奨めて頂き、書くことで何か一歩、進むなら、と思い、わけわからないまま書き込みをすることにしました。

私は幼少期から強迫がありましたが、大人になり、コントロールがきかなくなった昨年、初めて病院に行きました。
症状はいろいろです。

「分かり続けるには行動の裏付けが必要です。行動することが分かった感覚を強めます。」という先生からの言葉の意味も知りたくて、ここに書き込みました。

本当は書き込みとかは苦手です。でも、このわけわからない頭をなんとかするため、治る可能性があることなら、なんでもやりたいと思っています。
ただ何をやればいいかがわからないんです。
ここへ書き込むことが行動療法になるのかわかりませんが、やってみました。
支離滅裂な文章ですみません。
とにかく普通の頭に戻りたいです。
 

(無題)

 投稿者:原井メール  投稿日:2011年 6月30日(木)06時56分21秒
  瞬火さんお久しぶり。
詩人ですね。

売文や夜出て髭のあぶらむし
秋元不死男

「あぶらむし」は夏の季語です。
 

男子三日会わざれば刮目して見ゆべし

 投稿者:瞬火メール  投稿日:2011年 6月30日(木)03時06分55秒
  男には、行かねばならぬ場所がある。もう、我慢の限界だ。いざ鎌倉。読みかけの詩集を傍らに置き、意を決し、すっくと部屋を後にした。焦燥が、僕を駆り立てる。今は廊下の灯さえ。闇をかき分け、ついぞ雪隠へと到るのだった。真白い陶器が、そのあまりにも神々しい、まばゆいほどの存在感を放つ我が逸物から放たれるゆばりを受け止める。
「雨か…」
気が付かなかった。人は余裕があればこそ、だな。含み笑いを残し立ち去ろうとしたその時、何かがぽとりと落ちたのを感じた。油ぎってて、異様な黒光りをするその姿。造物主は何ゆえに、かような生き物をお造りになられたのであろう。暫しの沈黙は、それをゴキブリだと認めたくない、ささやかで唯一の抵抗だったのかもしれない。最初からそこに居たんなら、素知らぬ振りして黙殺の選択だってある。“親父、よろしく”の一言で終わりだ。だが、確信があった。奴は間違いなく、部屋から僕の供をしていたのだと。詩集を読み耽っていた時から、どうも腕やシャツの中からもぞもぞとした感覚を覚えてた。そう、すすきの穂で軽く撫でられたような、あの感覚。それが何なのかさえ、気にもしなかった。あまつさえ、この手はそこらをまさぐっていた。ああ熱い湯で、体ごと包んでしまいたい。衝動が、僕を突き上げる。蠅が額に止まっただけで、二時間風呂に入った事もある。風呂はすぐそこ、足はそちらを向きたがる。だが然しだ、ふっ、舐めるな、俺はいったい何年お前と付き合ってるんだ? その手に乗るかよこの野郎。シャツは少し汗臭いけれど、面白い、このままでいようじゃないか。ようし、このままで寝てやろうじゃないか。
踵を返し部屋に戻ると、今度は小さな“奴”がいた。そんなに汚いかここ? ティッシュを掴み、えいと握り潰す。ぷちゅっ、と鈍い音がした。心なしか、奴の体液が僕を目がけて来たような。夢か現か幻か。手洗いも、じっと我慢の子であった。
何だか、寒気がする。
今年は、冷夏になるんだってね。
 

申し訳ありません。

 投稿者:Roostメール  投稿日:2011年 5月22日(日)20時49分45秒
  申し訳ございません。
Firefoxでしか見れないようになっていたみたいで、
Internet Explorerでも見れるように直しました。
お手数をおかけします。
http://onesky.at-ninja.jp/
 

強迫性障害、視線恐怖に関するホームページを作りました。

 投稿者:Roostメール  投稿日:2011年 5月17日(火)16時49分0秒
  視線恐怖、強迫性障害に関するホームページを作りました。
方向性はまだ未定ですが、
視線恐怖、強迫性障害に悩む人が前へ進めるホームページに作っていきたいと思います。
よかったら来て下さいね。(^^)
こういうコンテンツが欲しいリクエストも
よかったら下さいね☆
http://onesky.at-ninja.jp/

http://onesky.at-ninja.jp/

 

東京OCDの会の研修会

 投稿者:岡嶋メール  投稿日:2011年 4月23日(土)23時53分4秒
  研修会のご案内をします。
ご家族向けと,患者さん向けの二部構成で研修会を開きます。詳しいことは,下記のページをご参照ください。

# 10:00 - 12:30  第一部  家族向け講座 (定員70名)
  「怖がりさんや心配性さんのためのコミュニケーショントレーニング」
# 13:30 - 16:30  第二部   患者向け講座 (定員70名)
  「奇妙さんの困った癖の治し方」

# 開催日時:5月7日(土) 10:00 ~ 16:30
# 開催場所:女性就労支援センター(旧名称:女性と仕事の未来館) 第一セミナー室
# 受講料:第一部 3,000円  第二部 3,000円
# 申し込み受け付け:4 月10 日(日)~ 5 月6 日(金)まで
# メール申し込み:随時  tokyo.ocd@gmail.com

http://109ocdf.web.fc2.com/kennsyuukai.htm

 

レンタル掲示板
/58