teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:56/246 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2006年 5月 3日(水)06時12分21秒
  通報 編集済
  どうも、リンスさん。ありがとうございます。
さて、質問のほう。

1.「マト1」で、トーマスアンダーソンはエージェントに追われ、一旦は捕まって妙な機械を臍から入れられますが、その妙な機械とは?・その機能は何か?
2.マト1で、エージェントたちはアンダーソンを「ずいぶん前から探していた」とのことですが、それにしては妙な虫を入れただけで解放し、扱いが軽いのでは?


1.と2.は関係があるとおもうのでまとめて。

えーと、まずエージェント側の状況から。出だし、トリニティの逃したあとのエージェントの会話(すいません、日本語吹き替えはみたことないので、英語台本から)。
Agent Brown: She got out. (逃げたな)
Agent Smith: It doesn't matter. (ま、それはいい)
Agent Jones: The informant is real. (タレコミは本当だった)
Agent Smith: Yes. (そういうこと)
Agent Jones: We have the name of their next target. (奴らの次の標的の名前を得た、ってことだ)
Agent Brown: The name is Neo. (それはNeo)
Agent Smith: We'll need a search running. (検索の実行がいるな)
Agent Jones: It's already begun. (もう始まった)

これから、エージェントがネオの存在を知ったのは「情報提供者」の情報によることがわかります。この場合の「標的」というのは、Matrixの存在を知らせて覚醒させる相手、と考えるのが妥当でしょう。候補に挙げる条件の一つにTheOneである可能性があることが含まれるかもしれませんが、この段階でそっちをエージェントが意識する必要はないはずです。

では、エージェントがネオを追う理由はなにか?単にMatrixの秘密を守るためではないはずです。それだけならご指摘のとおり記憶を消せば済むわけです。尋問室から自宅ベッドへ(その間の記憶なしに)いきなり送り込めるのだから雑作もないこと、特別なプログラムがいるとも思えませんし。スミスの持ちかけた「明るい未来」では、文字どおり暗い過去の記憶すら消されていることになるのだと思います(ネオにそこまでわかっていたはずはありませんが)。まあ、どっちにしてもそうなるのでしょうが。

とにかく、エージェントの目的は、例の尋問の後半、スミスがサシで(イヤホンを外して)説得する内容でわかります。
You're here because we need your help.
(君がここにいるのは、我々が君の手助けを必要としているからだ)
We know that you've been contacted by a certain individual, a man who calls himself Morpheus.
(君が、ある特定の人物、モフィアスと自らを呼ぶ男から接触を受けたことはわかっている)これがタレコミの内容ね
Now whatever you think you know about this man is irrelevant.
(君がどう考えようと、この男が不適切な奴であることは、いまはわかっているね)
He is considered by many authorities to be the most dangerous man alive.
(彼は生きているもっとも危険な男であることは、多くの権威が認めるところだ)

つまり、エージェントが追っているのはあくまでもモフィアスであって、ネオではないのです。(ちなみに、モフィアスを追う理由は、モフィアスが捕まったとき拷問で自白を迫られる「ザイオンのアクセスコード」を得るため)

と考えると、虫を埋め込む目的もそのためであると考えられます。
モーフィアスはネオに接触したがっている…いずれネオのところにモーフィアスが現れる、あるいはネオがモーフィアスの所に行く。ネオを張っていればモーフィアスのいる日時を捕まえることができる。それにはネオを自由にさせ、なおかつ確実に居所を把握している必要がある。そのためには、めったのことでは外せない、しかも気付かれない監視の手段があればよい。…警察が追尾によく使う電波発信器で十分じゃないですか。

それが生きた虫の形をしている理由は、(英語のBUG「虫」には「ソフトの不具合」の他にも「盗聴器」の意味もあることはさておき)生きて動き回っている方が気付かれにくいし除去もむずかしいから。
とはいえ、警察に尾行はつきものですから、ビーコンなんてそう珍しいものではないでしょう。ならばその除去の方法が開発されるのも時間の問題で、大仰な機械が開発されていてもおかしくはありません。

ということで、例の虫は尾行用のビーコン(いや、だじゃれじゃなく^^;)であろう、というのが私の結論。まあ、音声盗聴機能もあるかもしれませんし、もしかしたら(孫悟空の金の冠ばりに)悪さすると虫が暴れて痛むようなことがあるかもしれませんが、それはおまけでしょう。
いずれにせよ、そう考えれば、トリニティたちが途中で一旦車を止めて虫を除去してからモフィアスのいる所につれて行くのも自然でしょう。

ネオをただのネズミ取りのえさと考えれば、あっさり釈放(つーか強引な現状復帰)という扱いも妥当ではないでしょうか。

3.は面白いテーマなので、追って。
 
 
》記事一覧表示

新着順:56/246 《前のページ | 次のページ》
/246