teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:44/246 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

選択の選択

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2006年10月21日(土)07時21分24秒
  通報 編集済
  そこはかなり文脈によりますね。

基本的にオラクルが「人間による」選択について語るときは、「自由意志による選択行為とその結果」を指しますから、ネオの言う「選択」と言葉の意味的にも行為そのものも同じでしょう。

問題はプログラムによる<選択>を語っているときですよね。おそらく、ネオ(人間)は同じ意味合いとして受け取っているとおもいます。<選択>とその結果を見れば、実用上はそれで問題ないですし。オラクルもそう解釈されるという前提で言葉を選んでいるとおもいます。

ただ、コミュニケーションのための「言葉」と自分の内的思考のための「言葉」では意味が違う(変える)ことはありえるとおもいます。

「人間の自由意志による選択」の場合、その根拠は必ずしも論理のみで説明できるものではありません。嗜好や心情、あるいは直感、虫のしらせといった明確に説明できない要素が含まれるからです。
ところが、プログラムによる<選択>の場合、そうした要素も(あったとしても)結局はプログラムによるエミュレーション(模倣)にすぎません。偶然や不確定性を組み込んだところで、結局はアルゴリズムであり、突き詰めれば理解できるものです。

まあ、普通のプログラムにとっては、その部分はおそらく既成ライブラリのコードで処理されるブラックボックスですから、ほとんど人間の「選択」に近い感覚で<選択>をおこなうことになるでしょう。消される危機に際してエグザイルになって逃げるというプログラムの<選択>などがその典型でしょうね。

ただ、オラクルだけは、そのライブラリのコードそのものを担当する立場的なわけですから、その実態を理解しているはずです。その意味では、(自分を含めた)プログラムの<選択>の限界も熟知しているわけです。それは同時に人間の「選択」についても、人間自身には理解し得ない深層心理まで(かなりのところまで)理解したうえでのことであるでしょう。

その点において、オラクル自身の行為に対してオラクルの使う『選択』という言葉は、一般的な「選択」や<選択>とはちょっと違った重みを持つことになるでしょう。まあ、それはオラクルだけの、オラクルの内面的な意味論的問題ですが。

長くなりましたが、結論からいうと、表面的には同じ、しかしオラクルの内面的には意味が違う、ということだとおもいます。一般的な共通認識を前提として口に出した言葉づらだけでオラクル=人間とするのは無理っぽいとおもいますね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:44/246 《前のページ | 次のページ》
/246