teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:CP マフネ  投稿日:2004年12月16日(木)03時49分52秒
  仮想ストーリー読みました。
固有名詞などを微妙に変えて映像化してDVDにしてください!!どんなSFよりおもろいです(バックストーリがMatrixじゃなくても)。
セラフとメロビジアンのつじつまがあった関係性は鳥肌物でした。
読ませていただいてありがとうございました。
 
 

Matrix Restart サイドストーリー

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2004年10月14日(木)16時40分41秒
  今回、サイトの構成を全面改訂して、ストーリー進行順にしました。まだ詳細な物語を書いていないところは Synopsis(あらすじ)として間に入れてあります。各ページの最後に次へのリンクを追加したので、順に読み進めやすいようになったとおもいます。

これに伴い、以前の Matrix Restart を 『Matrix Restart (Synopsis)』とし、サイドストーリー各編をまとめて『Matrix Restart』ということにします。ま、サイト構成がかわっただけで、中身は同じですが(^^;)。

いちおう、そういうことなんですが、それだけではあんまりかな、ということで、未執筆部分のあらすじにすこし加筆しました。ついでに勢力図も作ってみたので、あわせて載っけてあります。
http://homepage.mac.com/tomo_sakuray/Matrix/Matrix_Restart_others_b.html
…だんだん…話が…ややっこしくなってきた…m(_ _:)m
 

成る程ねぇ

 投稿者:四大行  投稿日:2004年 9月18日(土)23時27分48秒
  >1
そう言うことかー それなら辻褄が合いますね それは言わば映画を観ている僕達にも効果が現れてるわけだ うん、相変わらず納得の解説ですね 素晴らしいですw
>2
これまた納得の解説です 確かにあのシークエンスは、モーフィアスにネオが遂に接触する場面 そのエージェントも、ネオに目を光らせていた事も事実
ふう、また胸の痞えが除れました! また「ん?これは何でや?」とか思ったら書き込みさせて頂きますw ありがとうございました!!
因みにこのURLは僕のサイトでございます! バンド活動をしてまして、そのHPです 良ければちょくちょく覗きに遊びに来て下さい!

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=soul_rock69

 

お久しぶりですな

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2004年 9月 8日(水)20時32分42秒
  1 マト1のネオが事情聴取
私的には、あそこは夢じゃないとおもいますね。マトリックスのシステムが夢のように見せかけただけ。マトリックスはシステムが人間に見せている仮想現実ですから、状況の切り替えは通常つじつまが合うように構成しているはずですが、あの場合わざと非条理に切り替えて夢だと思わせ(人間の自己合理化能力は強力ですよ)、エージェントの存在やその活動をごまかしたのではないでしょうか。あの一件、マトリックス内のシチュエーションは基本的にシステムの管理下であり、マシン側の都合でどーにでもなるのだよ、ということを暗示しているわけです。

2>虫
まあ、順当なところはトレーサー、つまり常時所在をシステムに知らせるための電波発信器のようなものでしょう。あとは盗聴器とか。プログラム的には、最近はやりのスパイウェア(システムの活動を監視し、集めた情報をサーバへ送る)ってとこですね。当人からすれば文字どおりシステムのバグ(虫)ですし(笑)。おそらくは、いずれネオがモーフィアスと接触することを見越したものでしょう。
あと、多少想像力をたくましくすれば、行動矯正装置の機能もあるかもしれません。悪さをしようとすると噛み付いて(お腹が痛くなる^^;)思いとどまらせる、みたいな。ただのビーコンなら体内でうろうろする必要はないのでね。いずれにせよ、スミスのような乗っ取りまではしないにせよ、システムが何らかのかたちで干渉してくる可能性はあったとおもいますね。
暗殺用の爆弾とかの可能性はないでしょう。だったら削除されたときに爆発してるはず。

ちなみに、アメリカでは性犯罪者にビーコンつけるって話がマジにあるそうですよ。
 

メッサ久々!!

 投稿者:四大行  投稿日:2004年 9月 7日(火)20時35分36秒
  毎度です!!憶えてらっしゃるでしょうか?w
で、早速ですがTOMOさんに質問が
未だに聞こうと思っては忘れ、の繰り返しだったんですが、やっと聞けます
1:マト1のネオが事情聴取(でいいのかな)されるあたりのシークエンス あれってネオがスミス&SWATに捕まるところからが夢なんですか?ってか夢じゃないんでしょうか?
2:で、あのへそに入れられた虫の正体は何だとお考えでしょう?
 

過去ログページ

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2004年 7月24日(土)07時06分11秒
  このBBSの過去ログ(その1)をキープしました。現時点までの(ほぼ)全書き込みを1ページにまとめています。ご参考まで。

なお、投稿してくれた方のメアド/アドレス情報などは削除してありますが、書き込みそのものの削除をご希望のかたはTOMOまでご連絡下さい。

http://homepage.mac.com/tomo_sakuray/Matrix/BBSlog1.html

 

野望3

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2004年 7月 3日(土)22時12分31秒
  サイドストーリー『野望3』をどうぞ。
スミスの陰謀は思わぬ方向へ波紋を拡げていく…。

http://homepage.mac.com/tomo_sakuray/Matrix/Matrix_Restart_others_22.html

 

人間ならそれが自然ですよ。

 投稿者:TOMOメール  投稿日:2004年 7月 2日(金)16時52分13秒
  オラクルの「預言」についてはQ&Aも参照していただくとして、その補足として。

まず、オラクルは、実際に起こる結果が何なのかについては、事前には全く「知らない」と思います。起こりえる事象はすべて予測し、その実現可能性を完璧に算出し把握していたとしても、それは「何が起こり得るか」でしかなく「何が起こるか」ではないのです。これが確率論の根幹であり、「知っていたわけではない」の意味です。

しかしその一方で、なんらかの事象、おそらくはオラクルの望んだような結果になると「信じて」はいたわけです。この場合の「オラクルの望む結果」は、前提として、事前での予測上もっとも実現可能性の高い事象が実際に発生すること、すなわち自らの計算結果が正しいということが含まれます。とはいえ、それだけだったら単純にプログラムの信頼性の問題で、「信じる」という言い回しにはふさわしくありません。「信じる」という言葉には(日本語でも英語でも)主観的な判断が含まれているものだからです。

オラクルは自らの計算結果が信用できるという仮定のもとに、それなりの行動(干渉)していたはずです。しかし、自らの関与できる範囲をこえた部分には影響を及ぼすことができないことも理解していたに違いありません。プログラムとしての「理想(こうあるべき)」と自意識のある存在としての「希望(こうあってほしい)」のギャップ。それを悟っているからこそ、自らの行動の結果に対しては「(わたしは)信じる」という(主観的な)言葉遣いにならざるを得なかったのです。そこに判断力とそれに対する責任のある自意識の存在がにじみ出ているから、あのセリフが人間的に見えてしまうのではないでしょうか。けしてオラクルが人間的であるとか、人間の味方だとかいうことではないと思います。それはデウス・エクス・マキナがネオに対した時の態度にも言えるでしょう(まあ、デウス・エクス・マキナがネオと取り引きしたのは完全に論理的な判断ですが)。

そして、その「プログラムとしての理想」というものが、「危険なゲーム」にも繋がっていきます。アーキテクトもオラクルも、自らの計算を基準として行動していることではまったく同じです。ただ、その計算の対象や手法がまったく異なる(というか補完関係にある)ので、アーキテクトにはオラクルの行動が理解できません。理解できないと言うよりも、その背景にある論理的な意味や価値を見いだせない、といったほうが近いかもしれません。そうなると、アーキテクトにとっては、オラクルの行動は無意味なもの、つまりゲームで遊んでいるようにしか見えないのです。しかし、たとえゲームであっても重大な行動には重大な危険が伴います。アーキテクトにはそのリスク=危険だけが見えてしまうのです、チャンスは見えなくても。
それに対してオラクルにはリスクとリターンの両方が解っています。リターンのほうが大きければリスクを取る十分な根拠になるものです。オラクルの言っているのは、このリスクには「変化」というすばらしいリターンがあるのだから、ちゃんと割に合っているのよ、ということなのです。
アーキテクトは「変化」を危険なものと評価し、オラクルは望ましいものとして捉えているということです。それはコインの表裏のようなものです。まったく、いいカップルだとおもいますね(本人たちがどう考えているかはともかく^^)。
 

すみません。また人間サイドに立ちました。

 投稿者:狂走者メール  投稿日:2004年 7月 1日(木)22時58分10秒
  <5th マトリックスまでは、オラクルは自分も含めたプログラム、
マトリックスという仮想現実の日常をむさぼる99%の人々のためなら、
1%の人々をザイオンの滅亡も仕方ないなと思ってたわけですよね?ちがうかなあ?
(ここの%はアーキテクトの会話のことです。)

結局オラクルが考えるのは、99%の繋がれた人とプログラム(マシン)の共存なわけですよね?1%の人々はそれを支配だと言ってますが。
アニマトリックスでマシンとの戦争後、マシンの代表が肉体を差し出せば悪いようにはしないといってますし。
マシンはいつもフェアですね。人間が裏切るのですよね。アーキテクトの言うとおり。
すみません。↓の訂正です。
 

RE:バックドアのキーと会話

 投稿者:狂走者メール  投稿日:2004年 7月 1日(木)22時51分26秒
  非常に良く分かりました。ありがとうございます。
納得がいきました。凄いですね。本当に。
特にキーメーカーのエグザイル化はの説明は凄いです。
リンクは「ポータル」と言っていましたね。これなら、「仕様」といえますね。
システムの一部だと。

私の頭のいい先輩に言われたのですが「君は人間側サイドに立った考え方をしている。」
と言われました。

5th マトリックスまでは、オラクルは自分も含めたプログラム、
マトリックスという仮想現実の日常をむさぼる99%の人々のためなら、
1%の人々をザイオンの滅亡も仕方ないなと思ってたわけですよね?ちがうかなあ?
(ここの%はアーキテクトの会話のことです。)

「危険なゲームをしたな」というアーキテクトの言葉、
また、「変化に危険はつき物」というオラクルの言葉。
これは、どういう意味なのでしょうか?何が危険なのでしょうか?

最期にセラフがオラクルに「全てご存知だった?」ときき、
オラクルは「いえ。でも、信じてた。信じてた」
と言いました。
ザイオン、人類、マシン、全ての存続をオラクルはネオにゆだねていたように思えるのですが、
どの辺から、オラクルが自分では未来が見えなくなってきたのでしょうか?
マシンシティーに行く選択はネオがしたようですし、それはオラクルには分からなかった
みたいですが・・・・・・。
予兆を与えたというより、何かを感じ取ったというか、うまく言えないですけど。

また、エクスデウスマキナもネオにゆだねていたようですが。

すみません。うまくいえませんが、よろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/25